ゴクウブラックvs孫悟空 * すべての戦い * “未来”トランクス編3D(P1) * ドラゴンボール超 Fan Parody アニメ2018

また、あなたは他のアニメファンを見ることができます:
ドラゴンボール超 ブロリー 最後の戦い * 孫悟空 ベジータ SSJ 超本能 vs ブロリー * ドラゴンボール ファン映画 2018 https://youtu.be/wdaJKZyBkhM
ゴーゲータ ベジット VS ブロリー すべての戦い * ドラゴンボール超 ブロリー 最後の戦い Fan アニメ2018 https://youtu.be/-e0dTwF69uQ
ドラゴンボール超 ドラゴンボール ファン映画 2018
『ドラゴンボール超』(ドラゴンボールスーパー、DRAGON BALL SUPER)は、鳥山明の漫画作品『ドラゴンボール』を原作とする東映アニメーション制作のテレビアニメ、および集英社の月刊誌『Vジャンプ』にて連載されている漫画である。
著作権はファニメーションがライセンス著者文字鳥山明、東映アニメーションスタジオ、に属します。 作られたアニメファンを見ていただきありがとうございます。

“未来”トランクス編
かつて悟空らと共に人造人間やセルと闘った未来世界のトランクスが、タイムマシンに乗り負傷した姿で悟空らの世界に再び現れる。青年トランクスは平和になった未来に、悟空と瓜二つの姿をした「ゴクウブラック」と呼ばれる戦士が現れ虐殺行為を繰り返しており、抵抗軍のリーダーとなった未来のマイと共に闘い続けている[11]ことを告げる。悟空らは、ビルスとウイスや界王神シンの協力を得つつブラックの正体に迫り、第10宇宙の界王神ゴワスの下で修行中である界王神見習いのザマスがブラックと何らかの関わりがあることを突き止める。なぜザマス(ゴクウブラック)が未来のトランクスの世界を計画遂行のターゲットとしたのかの理由として、バビディとダーブラとの闘いで第7宇宙の界王神が戦死した影響を受け、第7宇宙の破壊神ビルスも連動して消滅してしまったことと、孫悟空は心臓病で、ベジータら地球の戦士たちも人造人間との闘いですでに死亡しているため、計画が円滑に進めやすいと判断したことが描写されている。
未来トランクスの実力がアニメ版よりも強く描かれており、同じ超サイヤ人2同士ならば悟空と同格か少し上回るとされ、フルパワーを発揮した際には超サイヤ人3の悟空と同等の力を発揮した。

COPYRIGHT FAIR USE NOTICE:
免責条項:
このビデオは「フェアユース」ルールに従います。 このビデオは芸術的な表現のためだけに作られたもので、純粋にファン製です。
このビデオで使用されているすべてのメディアは、公平な使用の条件の下でエンターテイメントと教育の目的で使用されています。
このビデオは、音楽アーティストやアニメ会社とは決して関連していません。
すべての権利はそれぞれの所有者に帰属します。

このファン編集/アニメーションは楽しいものです。私はドラゴンボールの権利を持っていません。
私たちはドラゴンボールを手に入れません。 ドラゴンボールはTOEI ANIMATION、Ltd.が所有しており、FUNimation Productions、Ltdがライセンスしています。すべての権利予約。 DragonBall、DragonBall Z、DragonBall GT、およびすべてのロゴ、キャラクター名、およびその特質は、株式会社東映アニメーションの商標です。
#孫悟空 #大神官 #だいしんかん #ドラゴンボール超 #goku #vegeta #dragonball #dragon #ball #dragonballsuper #broly #ドラゴンボール超 ブロリー